SMAPを想う

12/31のうちに語りたかったけど、サムガ最終回聴いたら号泣してもう無理でした…

中居が
「しんごーつよしーごろーきむらーSMAPーじゃあねーバイバーイ!」
って叫んで…最後の曲に、おそらく誰も予想していなかった…「S.M.A.P」という、CDデビュー前のSMAP最初の曲を選んだんですよ。
この日のためにビクターさんに音源用意してもらって。

中居は本当に昔から、我々SMAPファンの上を行くSMAPオタクで、SMAPが大好きで。
最後までメンバーのことを気遣って。
自分もメンバーなのに。

ファンのあふれんばかりの愛も、全部全部届いてたって、ありがとうって言ってくれた。
いつもみたいに「重いんだけど」「うぜえ」「きもい」とか言えなかったって。
(ええ、いつも言ってましたこの人)

12/31ギリギリで、中居が精一杯、自分の言葉で伝えてくれたのが、嬉しい。
この一年、我々ファンは「中居を待て」でここまで来たので。
そして同時に、SMAP中居正広としては最後って中居の口から言われて、死ぬほど辛い…

もうSMAPが5人揃ってコンサートをすることも、歌番組に出ることも、ない。
淋しくて淋しくて、泣いて泣いて、自分の半身が引き裂かれたみたいに、胸が痛くて、苦しい。

私もいい大人、ではありますが。
どうしても心の奥にある制御できない感情が、嫌だと、SMAPがなくなるのは嫌だと。
私たちから、中居からSMAPを奪わないでと。
叫んでるんです。

いつか戻ってくるまで待つとか…
ねえ、いつかっていつ?
今すぐSMAPに会いたいよ。私たちのSMAPを返してよって。

大人げなくて申し訳ないとは思うけど。
正直本音はそういう、駄々をこねる子供。

おじいちゃんになってもずっとずっと、SMAPでいて欲しかった。
30周年でも40周年でも、お祝いするつもりだった。

もうこれからは自分で計算しないと。
ちょくちょく気にかけて。忘れずにいないと。

忘れないんだ、絶対。SMAPが私たちにくれた、色んなこと。
ずっとずっと、大好きでいるから。諦めないから。
私にとって、6人はずっとSMAP。
私の人生で一番、スーパースターで、大好きな人。